ブログWeb制作

2019/5/14

常時SSL化(暗号化通信)で信頼をあげよう!

Webサイトのセキュリティ対策として常時SSL化を取り入れているWebサイトが増えてきました。さらに常時SSL化することで、ブラウザから警告を表示させないなど、セキュリティ対策以上のメリットを発揮するようになりました。
それでは、常時SSL化をすることにより、何が変わり、どんなメリットがあるのか!

SSL化とは?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、パソコンとサーバ間での通信データを暗号化してやりとりする仕組みです。

SSLを利用することで、第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぐことができます。

常時SSL化とは?

今までは、Webサイト上でパスワードや個人情報等を入力するページ(ログインページやクレジットカード決済ページなど)のみをSSL化し、特に重要な情報のみ保護するという形式が一般的でした。

近年では、GoogleなどSSL化を推進する組織の働きもあって世間の意識が高まり、Webサイト全体の常時SSL化が求められています。
つまり、常時SSL対応を行うことにより、すべてのページのURLがHTTP(http://)ではなくHTTPS(https://)になります。

SSLによって通信が保護されているかの見分け方

SSLによって保護されているサイト(ページ)かどうかは、簡単に見分けることができます。
SSLが導入されているページでは、下記の図のようにアドレスバーに表示されるURL「http://」に「s」が付き、「https://」の形式になります。



一方、下記の図のように「このサイトは保護されていません」や「安全ではありません」という表記があるWebサイトをよく見かけると思います。この場合はSSLが導入されていないケースとなります。

SSL証明書の種類

ドメイン認証

もっとも手軽で安価なSSL認証。
基本的に書類の提出なども必要無く、素早く取得して使用することができます。

企業認証

企業認証SSLは、Webサイトの所有者が申請ドメインの所有権を持っているに加え、実在性(会社名や住所など)を確認したうえで、発行されるSSL証明書です。

EV認証(Extended Validation)

EV認証は、アドレスバーにWebサイトの運営会社名が表示され、一目で安心・安全をアピールすることができ、もっとも厳格な審査が行われる最高レベルのSSL証明書です。

常時SSL化で、どんなメリットがあるのか?

セキュリティ対策が行われる

パソコンとサーバ間での通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぐことができます。

表示速度の向上

Webサイトの表示を高速化することができる次世代プロトコル「HTTP/2」が登場したことにより、HTTPS化、常時SSL化はWebサイトの表示を高速化させる要素となりました。

Webサイト・企業の”信頼性”が上がる

SSL化する場合、第三者機関のSSL認証局より「SSLサーバ証明書」の発行がされます。
SSLサーバ証明書はブラウザで確認することができるので、ユーザーにとってはWebサイトを通して企業を信頼するひとつのポイントとなります。

まとめ

Webサイトを常時SSL化にさせることで様々なメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。
企業やお店としての信頼を失わないために、まだ常時SSL化していないWebサイトは早めに対応させることをおすすめいたします!

GOO-UP(グーアップ)では、ドメイン認証での常時SSL化に全プラン標準対応しておりますので、ご安心ください。

PAGE TOP