ブログデザイン

2019/4/25

新Instagram Graph APIを使ってインスタグラムの画像をWebサイトに表示させる

Instagramでは、2020年までにInstagram APIを使って行える機能のすべてを段階的に停止していくみたいです。

停止されると言われている機能としては、位置情報を利用した特定エリア内の写真検索、タグ情報やタグに紐づいた最新メディアの取得、タグの検索。ロケーション情報やロケーションに紐づいた最新メディアの取得、位置情報によるロケーション検索などです。最終的には自分のInstagramの写真を自分のWebサイトに表示させることもできなくなるみたいです。

そこでInstagram APIからInstagram Graph APIへ移行して、自分のWebサイトにインスタグラムの画像を表示させる方法を、ご紹介したいと思います。

Instagram APIからInstagram Graph APIへ移行

FacebookページとInstagramビジネスアカウントを連携させる

Facebookページを用意し、Facebookページの管理画面からInstagramビジネスアカウントを連携します。

新しいアプリIDを作成

Facebook for Developershttps://developers.facebook.com/でアプリを作成します。 アプリ名とメールアドレスのみ入力してください。

トークンの発行

グラフAPIエクスプローラーhttps://developers.facebook.com/tools/explorer/でトークンを発行します。

「トークンを取得」を選択しでください。



「ユーザーアクセストークンを取得」を選択しでください。



次の画像のように、4つの項目にチェックを入れます。



Facebookのアクセス権許可が出てきますので、OKを押して進みます。
【トークン】が発行されると「アクセストークン」欄に長い文字列が表示されます。



このトークンは有効期限があるので、有効期限を延長し有効期限なしのトークンを取得します。

トークン期限の延長

右上のマイアプリ→アプリ名→設定→ベーシックから【アプリID】【app secret】を調べます。
さっき取得した【トークン】を使って次のURLにアクセスします。

URL
https://graph.facebook.com/v3.0/oauth/access_token?grant_type=fb_exchange_token&client_id=【アプリID】&client_secret=【app_secret】&fb_exchange_token=【トークン】

ブラウザ画面に次のような表示が出ると思います。

第2トークン
{“access_token”:”長い文字列”,”token_type”:”bearer”,”expires_in”:5183999}

この表示されているaccess_tokenをコピーしておきます。

有効期限なしのアクセストークン取得

先ほどの【第2トークン】を使い、次のURLにアクセスします。

URL
https://graph.facebook.com/v3.0/me?access_token=【第2トークン】

アクセスをするとブラウザー画面にnameとidが表示されます。
画面に表示されているidをコピーしておきます。
【id】【第2トークン】を使い、次のURLにアクセスします。

URL
https://graph.facebook.com/v3.0/【id】/accounts?access_token=【第2トークン】

ブラウザ画面にJSONが表示されたら、その中の「access_token」を保存します。
こちらの第3トークンが最終的に使用するトークンになります。

アクセストークンデバッガー

【第3トークン】の有効期限を確認
https://developers.facebook.com/tools/debug/accesstoken/



「有効期限」が「受け取らない」になっていれば大丈夫です。

Instagram投稿を取得する

【IGビジネスID】が必要になりますので、グラフAPIエクスプローラー https://developers.facebook.com/tools/explorer/で調べます。
アクセストークン欄に【第3トークン】を入力し、アドレスバーのような箇所に次の内容を入力します。

GETの部分に入れてください。
me?fields=accounts{instagram_business_account}

送信ボタンを押すと、JSON形式で結果が表示されます。
その中の「instagram_business_account」の「id」が、【IGビジネスID】となります。

IGビジネスID
“instagram_business_account”: { “id”: “XXXXXXXXXXXXXXXXX” },

Instagram投稿を表示する

 

使用するURL
https://graph.facebook.com/v3.0/【IGビジネスID】?fields=name%2Cmedia.limit(【表示したい件数】)%7Bcaption%2Clike_count%2Cmedia_url%2Cpermalink%2Ctimestamp%2Cusername%7D&access_token=【第3トークン】

【IGビジネスID】【第3トークン】を使用し【表示したい件数】を入れて、下記のscript内のurlのXXXXXXの所に記入してください。
あとは、CSSで調整をすれば完成になります。

参考URL

https://himemo.net/archives/371

PAGE TOP